U-Style HOUSE 西尾・安城・蒲郡で月々3万円台からの家づくり

月々3万円台からでもおしゃれな新築住宅は叶う U-Style HOUSE

COLUMN

お役立ちブログ/コラム

資金・住宅ローン
2022年08月18日

家づくりとお金の話「住宅ローンの支払額はいくらくらいが妥当?」

こんにちは! 愛知県の安城市・西尾市・碧南市・岡崎市・蒲郡市・幸田町で家づくりを続けてきた、ユースタイルハウスです。

 

マイホームを購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを組むでしょう。 いったい、住宅ローンの支払い額はいくらくらいが妥当なのでしょうか?一緒に考えてみましょう!

 

▶︎現在の家賃を基準にする

 

マイホームを建てたり、購入したりする際に住宅ローンを組む場合。ローン額は月々の支払い額の目安を収入の何%以内とするのではなく、今支払っている家賃を目安にするのがおすすめです。 

 

その理由は住宅ローンの返済は長期に渡るため、ずっと先の将来まで見通す必要があるからです。何十年も先の経済状態を予想するのは難しいため、今の家計費の中で家賃を参考にするとプランニングしやすいはずですよ。 

 

もし今、賃貸住宅に住んでいるなら、毎月家賃を支払っていますよね。 マイホームに入居後の住宅ローンの支払い額が今の家賃と同じ位なら、毎月の支払いが負担にならないでしょう。

 

 

 ▶︎借入額は年収をベースにしない!

 

大手ハウスメーカーなどの住宅会社にいくと、住宅ローンの借入額を考える際、「年収の〇倍までなら借入れ可能ですよ」などと言われることもあるかもしれません。

 

でも、この考え方、実はとっても危険です! というのも、年収ベースで考えてしまうと、実際に今の年収でどのくらい家計収支が回っているのかを見落としてしまうことに。同じ年収でも、お子様が1人の家庭と2人の家庭では当然教育費の額が変わります。

 

収入額ばかりに目を向けてしまうと、「実は我が家の家計では、支払いが厳しい借入額でローンを組んでしまっていた!」なんてこともあり得るのです。 

 

そうならないようにするためには、現在の家賃と光熱費がいくら位かかっているのか明確にし、新しい家に入居後の住宅ローンの返済額と光熱費が毎月どの位になるのか、しっかりとシミュレーションしましょう。

 

 

賃貸の場合は家賃と管理費、更新料などがかかっているはずなので、これらについても計算に入れる必要があるでしょう。 

 

このように、住宅ローンの支払いをいくら位にするのか計算する際は今支払っている家賃をベースにすれば、入居後の家計管理がしやすいはずですよ。

 

  「なんだかよくわからない!」という方も大丈夫! ユースタイルハウスでは、しっかりとお客様のマイホーム計画を資金計画からもサポートさせていただきます(^^)/

 

イベント情報はこちらから

 

U-StyleHOUSEコンセプトはこちらから

 

あわせて読みたい

マイホーム新築と同時に転...

こんにちは、ユースタイルハウスです。

 

愛知県の西尾市・安城市・西尾市・碧南市...

ユースタイルハウスの家づ...

こんにちは、ユースタイルハウスです。

 

愛知県の西尾市・安城市・碧南市・蒲郡市...